更新

4LDKの平屋を新築する際に押さえたい5つのポイントを解説!ローコストで実現する方法とは?

4LDK、3LDKの新築平屋で実現する理想の生活

「4LDKの新築平屋って、どれくらいの坪数がベスト?」「広い平屋をつくるときに押さえるポイントってある?」

平屋を検討する中で、このような疑問を感じる方もいるはずです。
 
そこで本記事では、4LDKの平屋を新築するときに押さえたいポイントを5つ解説します。
『ひら家専門店IKI』で建てられる4LDK平屋のおすすめポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

平屋住宅の魅力とは?

平屋住宅は、一階建ての住宅であり、その特徴はさまざまです。
まず、階段がないため、老若男女を問わず、移動がしやすいという利点があります。

また、平屋住宅は、庭や広いテラスなど、自然と一体となれるようなアウトドアスペースを持っていることが多く、四季折々の風景を楽しめる心地よい居住空間を実現できます。

そして何より、平屋住宅の魅力はシンプルながらも上品さを醸し出す、洗練された雰囲気にあります。それは日々の生活に豊かさを感じさせてくれます。
平屋住宅は、ただの住まいではなく、ライフスタイルそのものを映し出してくれる住まいです。

4LDKの間取りの魅力とは?

4LDKの平屋の間取り図

平屋を建てる際、4LDKの広々とした間取りを選ぶと以下のメリットを得られます。
 

 
子どもは成長するにつれ、自分の部屋を欲しがることも多いものです。
子どもが1〜2人いる場合は、4LDKの広さがあると1人1部屋を与えられるため プライバシーを守れます。
 
子ども部屋にしない場合は、リモートワークや趣味部屋・客間といった自由な使い方ができるのも魅力です。
各部屋には収納スペースも設けられるため、荷物が多くても心配いりません。
 
家族全員がゆったり過ごせるほどの広いリビングをつくれるのも、魅力のひとつです。

4LDK平屋の間取りは30坪くらいがベスト?

4LDK・30坪の平屋の部屋

4LDKの平屋をつくるのであれば、建築面積が30坪(100㎡ほど)の広さがベストです。
建築面積とは、家を真上から見たときの面積のことです。
 
30坪の広さがあれば、5〜10帖ほどの個室を4部屋つくれます。
また、リビングは約18〜20帖の広さを確保できるため、大人10人が集まっても余裕を感じられるほどです。
30坪の平屋であれば、ウォークインクローゼットやガレージの設置も可能です。
 
家族全員がゆったりと快適に過ごせる4LDKの平屋にしたい場合は、30坪を目安にするのがベストです。

【約30坪】4LDKの間取りで平屋を新築する際に押さえたい5つのポイント

これから4LDKの平屋を建てるのであれば、以下のポイントを押さえましょう。
一つずつ解説します。

ポイント①建ぺい率を考慮する

平屋を建てる際、注意したいことが「建ぺい率」です。
建ぺい率とは、敷地面積に対して、実際に建てられる家の建築面積を表した数値のことです。
どれだけ広い家にしたくても、建ぺい率を超える場合は希望どおりに建てられません。
 
建ぺい率の計算式は、以下のとおりです。
建ぺい率(%)=建築面積 ÷ 敷地面積 × 100

平屋を新築する時に考えるべき建ぺい率


 

 
建ぺい率は各地域によって異なりますが、仮に50%とした場合、200㎡の敷地に対して建てられる家の面積は100㎡です。

つまり、30坪の平屋を建てるときには土地の広さが200㎡必要ということです。
 
広々とした平屋をつくりたいときには、建ぺい率に収まる土地選びが大切なポイントといえます。

ポイント②無駄の少ない生活動線が最適な間取りを選ぶ


4LDKの平屋を建てる際、無駄の少ない生活動線にするのであれば「廊下のない」間取りを選ぶのがおすすめです。
広い敷地を用意できても、廊下といった余計なスペースを入れてしまうと生活に必要な広さを確保できません。
 
平屋はワンフロアであるため、ゆとりのある生活をするのであれば居室部分を広く取る必要があります。
また、廊下といった余分なスペースを省くと、室内の寒暖差が少なくどの部屋に行っても快適に過ごしやすいメリットもあります。
 
 

ポイント③採光や風通しのよい設計にする

4LDKの平屋にする場合、採光や風通しのよい設計にするのもポイントのひとつです。
平屋は二階建てのように高さがないため、日の光の入り方次第で、家の中が明るくも暗くもなります。
 
規格住宅の平屋は「正方形に近い間取り」を選ぶのがおすすめです。
家の形が正方形に近いと、どの部屋も窓からの距離が近くなり、採光や風通しがよくなります。

ポイント④バリアフリーも視野に入れる

バリアフリーの平屋に住むシニア夫婦

"人生100年時代"を見据えて平屋に長く住むつもりなら、バリアフリーも視野に入れましょう。
 
バリアフリーを考える際は、以下のポイントに注意して間取りを選んでみてください。
 

 
万が一、家族に介助が必要となった場合、車椅子が通れる幅も視野に入れなければなりません。
トイレや浴室には、介助する人も入れるスペースを設けるのが理想的です。

ポイント⑤平屋を専門に扱っているプロのアドバイスを活用する

平屋住宅の間取りにおいて、プロのアドバイスを活用することは非常に重要です。
プロのアドバイザーは、多くの経験と知識を持っており、家族の生活スタイルや好み、将来の計画などを考慮して、最適な平屋の間取りを提案してくれます。
 
自分だけで間取りを決めてしまうと、実際に住んでみたら生活スタイルに合わず、後悔することがあります。プロのアドバイザーから提案を受けることで、失敗を最小限にし、快適な平屋の間取りを実現することができます。
 

『ひら家専門店IKI』なら4LDKの間取りも、バリアフリーな間取りもローコストで実現できる!

バリアフリーでローコストな平屋の外観

これまで紹介したポイントをすべて満たせるのが『ひら家専門店IKI』の平屋です。
 
IKIでは、土地の相談からできるため平屋づくりがスムーズになります。
また、廊下もなく採光の入りやすい設計なので、間取りで悩む心配もありません。
バリアフリーを考える場合は「IKI Assist」というバリアフリーに特化した平屋もあります。
 
何よりもの魅力が、4LDKの平屋が本体価格1,000万円台とローコストで建てられることです。
返済の負担が少ないのに、広々とした平屋で家族全員が快適に暮らせるのが『ひら家専門店IKI』の魅力です。
 

IKIとは?

TBSテレビの情報番組『がっちりマンデー‼』や、日本経済新聞など、様々なメディアで紹介された話題のひら家専門店IKIの規格型平屋注文住宅です。
合理性を重視した、無駄のないシンプルな工法でデザイン性とローコストを両立しています。
さらに、ケイアイスター不動産グループとして部材の一括大量仕入れを行うとともに、ITで効率化した営業・施工体制を敷いています。
ひら家専門店IKIはローコスト住宅を超えた「バリュー住宅」をお届けします。

ひら家専門店IKIの価格表。4LDKは1000万円台

 
 

ひら家専門店IKIの平屋、4LDK間取りのおすすめポイント

ここでは、IKIで建てられる4LDK間取りのおすすめポイントを紹介します。

家族の団らんを楽しめる

平屋で家族団欒

IKIの4LDKのおすすめポイントは、家族の団らんを楽しめるところです。

リビングを中心とした間取り設計なので、家族が自然と集まりやすい環境をつくれます。
リビングから各部屋へワンフロアでつながっているため、いつでも近くに家族を感じられて安心です。

家族の距離が近いと自然に会話が生まれ、コミュニケーションも活発になるのがIKIの魅力といえます。

生活動線が考えられた間取りで家事もラクラク

生活動線が考えられた間取りで家事もラクラク

IKIの4LDKは生活動線が考えられた間取りのため、家事もラクラクです。
 
キッチンからリビングを見渡せるため、料理をしながらでも小さな子どもを見守れます。
リビングには外につながる大きな窓があり、洗濯が終わったあとはすぐに干しに行ける点も魅力的です。
 
各部屋への移動距離が短いため、床掃除も時間短縮ができて家事がラクになります。
キッチンは、車いすが通れるようにスペースをとっているので、使いやすく老後も安心です。

採光も取り入れやすく、風通しのよい設計

IKIの平屋は廊下をつくらず正方形に近い間取りなので、どの部屋からでも採光が取りやすい点が魅力のひとつです。
リビングには大きな窓を設置し、自然光をたっぷりと取り入れて明るさを届けます。
 
リビングと各部屋の窓・部屋につながるドアを開けるだけで、家中の空気を入れ替えることも可能です。
いつでも明るく風通しのよい家で快適に過ごせるのも、IKIの平屋ならではです。

収納スペースをたっぷりと確保できる

各個室にたっぷりの収納スペースを確保できるのも、IKIのおすすめポイントです。
ウォークインクローゼットも設置できるため、家族の生活必需品をすっきりと収納し、居住空間を広げられます。
 
収納スペースがあることで部屋がモノで溢れにくく、生活感を隠せて洗練された空間づくりが可能です。
 

フレキシブルに使える和室を備えた間取り

フレキシブルに使える和室を備えた平屋の間取り

IKIの4LDKには、間仕切りを外してフレキシブルに使える和室があります。
 
【和室の使い方例】


など
 
和室はリビング横に設置されているため、間仕切りを無くして23〜25帖ほどの広々としたスペースをつくれます。
家族や友人が集まって食事会をするときにも大活躍する間取りです。

『ひら家専門店IKI』で4LDK平屋の理想的な間取りを実現しよう!

今回は、新築で4LDKの平屋を建てるポイントを紹介しました。
『ひら家専門店IKI』では、理想的な間取りの平屋をつくることが可能です。
公式HPからカンタンに資料請求もできます。

資料請求はこちら
群馬や埼玉・茨城・千葉といった関東地方に展示場もあるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。
来場予約はこちら

ページトップへ 来場予約はこちら