SCROLL
アプリでひら家
平屋
更新

ちょっと郊外に移住しよう!移住支援金も活用できる

通勤時間を気にしなくていい住宅選びの時代がやってきた

東京からの移住者に支援金を出す自治体があるのをご存知ですか?
在宅勤務、リモートワーク、テレワーク…今や当たり前に聞く言葉。会社に出社せずとも、仕事ができる社会になりつつあります。
働き方改革、コロナによる環境の変化により、働き方が大きく変わりました。
同時に、「住環境」に対する意識も変わりつつあり、職場の近くにこだわる必要はなくなりました。
本当に大事にしたい価値観を優先して、住宅選びができるようになったのです。

郊外に住宅を持つとこんな生活ができる

週に1, 2回都心に行けばいいリモートワーカーなら、都内の高額な家賃の支払い、住宅ローン、騒音、周囲への騒音気遣いから離れて、郊外の暮らしでもっと豊かに楽しめます。



郊外に家を持てば、このような豊かで楽しい生活が実現できます。
東京からの移住先として、東京から100~200km圏内の人気が高まっています。
たまに東京に行くのにちょうどよい郊外としては、東京から100kmのところで、例えば高崎、前橋、宇都宮、水戸辺りがおすすめです。
(参考:日本経済新聞記事 2021/07/20 脱・東京のリアル(上)「東京じゃなくていい」移住相談、3倍近くに増加

ひら家IKIなら17坪649万円~郊外に家を建てられる


今、ローコスト平屋住宅の「ひら家IKI」が話題になっています。どのような家なのでしょうか?


価格は以下の通りで、とても良心的な価格です。これは、ケイアイスター不動産の「全ての人に持ち家を」という考え方から、資材は高品質にも関わらず、無駄のない設計、建築方法により、低価格な住まいを提供できています。

オプションも数多く取り揃えられているため、約50種類のプランの中から、自分好みの平屋を建てることが可能です。
例えば、勾配天井やロフト、ウッドデッキ、庭に小さな自分の部屋(HANARE)を作ることもできます。ライフステージに合わせて、あとからオプション追加も可能です。IKIは都市部へ通勤できるちょっと郊外への移住に最適。


都内の高額な家賃の支払い、住宅ローンに追われる人生ではなく、郊外の快適な家に住みながら、趣味やもっと大事なことにお金を使い、余裕のある豊かな暮らし、本当に大事なことにお金と時間を使える人生を実現しましょう。
興味があれば、まずは資料請求・来場予約をして見に行きましょう!

\今なら災害に強い家づくり応援企画として、お値引きキャンペーンを開催中/

以下をクリックしてキャンペーン詳細を確認しよう♪

ひら家IKI




東京圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県のうち、条件不利地域を除く地域)からの移住者に支援金を出す自治体があるのをご存じでしょうか?(※別途詳細条件あり)
移住支援金を活用すれば、ひら家IKIという少ない投資で更に手軽に、「ちょっと郊外の暮らし」を手に入れることができます。
ひら家IKIにお問い合せいただければ、移住支援金のことも併せてご案内しています!
東京圏からの移住支援金を使ってお得に郊外ひら家ライフを手に入れましょう!

[参考]移住支援金についてまとめ

以下は、地方創生系の支援金の案内で、どの県も基本的には同じ内容となっています。
移住支援金は、基本パターンとしては100万円以内(単身60万円)です。
もともとは地方で就職・起業を前提としていたましが、最近の展開として、東京圏での仕事をテレワークしながらの移住も対象になるなど、対象が広がっています。
他、自治体によって「関係人口」に該当する人にも移住支援金を交付できる場合があり、要件等は各自治体のwebページなどで確認が可能です。
地方創生:
https://www.chisou.go.jp/sousei/ijyu_shienkin.html
群馬県:
https://gunmagurashi.pref.gunma.jp/shienkin/
栃木県:
http://www.pref.tochigi.lg.jp/a03/iju_shien_jigyou.html
茨城県:
https://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/kikaku/ijyusuishin/iju-2chiiki/ijushienkin.html
関係人口ポータルサイト:
※関係人口ってなに?どういう事業があるの?という人向けであり、移住支援金のマッチングサイトではありません。
https://www.soumu.go.jp/kankeijinkou/discription/index.html