更新

平屋の外観をおしゃれに見せる5つのコツとは?展示場で実物を見るのが大切

平屋は、ワンフロアにすべての部屋が収まるため、バリアフリー化しやすく、高齢になっても暮らしやすい魅力があります。
そんな平屋は大人気ですが、さらに外観にこだわりたい方も少なくありません。
そこで今回は、平屋の外観をおしゃれに見せる5つのコツや、平屋の外観で失敗しないためのコツについて解説します。

外観デザインのテーマを決める

平屋の外観をおしゃれに見せるためには、まずは外観デザインのテーマを決めることが大切です。
たとえば、以下のような外観デザインが考えられます。


具体的な外観イメージは以下の通りです。

木の素材を活かした落ち着いた雰囲気のモダン調の平屋外観

モダン調の平屋外観


青空に映える白をアクセントにした欧州風の平屋外観

欧州風の平屋外観


外壁選びに遊び心を持たせた配色が印象的な平屋外観

配色が印象的な平屋外観


“おしゃれ”の基準は人それぞれです。そのため、大まかでもよいため「クール」「スタイリッシュ」「ナチュラル」などのカテゴリーの中からどれを選ぶか考えてみてください。
自分の好みを具体的にさせるために、いろんな建築資料を見るのもおすすめです。
ただし、写真では良いと思っても、いざ実物の平屋を見ると印象が変わることもあるため、最終的には平屋の展示場を訪れて外観のデザインテーマを決めることをおすすめします。

屋根の形状や勾配にこだわったデザインを選ぶ

切妻屋根を使用した平屋


屋根には様々な種類がありますが、日本では、切妻屋根(きりつまやね)が一般的です。
平屋の全体のイメージとしては、温かみのある印象になり、片面だけ太陽光が多く載るように面積が広くなっているものや、均等になっているものなど、さまざまあります。
ほかにも、片流れ屋根や陸屋根(ろくやね)、寄棟屋根(よせむねやね)などがあり、それぞれ違った特徴があるので、それを理解した上でデザインを選びましょう。

軒下を深くとってテラスやデッキをつくる

開放感のある平屋


平屋は、軒の出幅を深くとることで、軒下にテラスやデッキをつくることもできます。
ガーデニングを楽しみたい方や庭で子どもと遊びたい方などは、テラスやデッキのある平屋を選ぶ傾向が高いです。
テラスやデッキを設けることで、家の中と外がひと続きになり、広々とした開放感がある平屋になるでしょう。

外観に凹凸をつけたデザインを選ぶ

立体感のある外観と個性的な配色の平屋


平屋のシルエットにもこだわってみましょう。
外観に凹凸をつけた平屋は、陰影が美しくハイセンスな印象になります。
さらに、外壁の色や配色に個性を持たせるのもおすすめです。よくある一般的な平屋とは違う好印象を与えられるでしょう。

外構(ガレージや玄関アプローチなど)にこだわる

平屋のモダンなガレージ


平屋の外観を左右する要素として、ガレージや玄関アプローチなどが挙げられます。
たとえば、ウッドテラスや庭を設けることで、ナチュラルな雰囲気を作り出すことができます。
さらに、ライトアップできる外構照明を付けたり、シンボルツリーを植えたりすることで人目を引く魅力的な平屋になるでしょう。

平屋の外観で失敗しないためのコツ

続いて、平屋の外観で失敗しないためのコツを解説します。
ポイントは、以下の3つです。

  1. 平屋の建築実績が豊富なところに依頼する
  2. 実際にどのような平屋が建つのか具体的にイメージする
  3. 建築されている平屋の展示場を見に行く

それぞれについて深堀します。

1.平屋の建築実績が豊富なところに依頼する

ハウスメーカーはさまざまありますが、平屋にこだわって多くの実績を残しているハウスメーカーに依頼することをおすすめします。
 平屋建築では、外観はもちろんのこと、間取りや屋根の形など、複数の要素をトータルコーディネートする必要があります。
 平屋建築が得意なハウスメーカーを選び、過去実績を参考にしましょう。

2.実際にどのような平屋が建つのか具体的にイメージする

過去実績やプランニングなどを参考にして、実際にどのような平屋が建つのか具体的にイメージしてください。
言い換えると、そのイメージを持たせてくれる信頼できるハウスメーカーに相談するということです。
「想像していた平屋とは違うものだった…」ということがないようにしたいですね。

3.建築されている平屋の展示場を見に行く

理想の平屋の条件を決めてイメージが付いたら、実際に建築されている平屋の展示場を見に行くとよいでしょう。
 ハウスメーカーではサンプルを見せてもらえますが、たとえば外壁の色ひとつとってみても、小さいサンプルで見るのと実際に建っている平屋の外壁を見るのとでは、与える印象が異なることもあります。
 実際に建築されている平屋を体感することでイメージを具現化しやすくなります。

まとめ

ひら家専門店 IKI(イキ)なら様々な展示場で実際に平屋を見学できる

最後に、ひら家専門店IKI(イキ)では、17坪から33坪まで様々な間取りのプランと、展示場をご用意しております。

 「IKI(イキ)」とは、TBSテレビの情報番組「がっちりマンデー‼」や、日本経済新聞など、様々なメディアで紹介された、平屋専門店です。暮らしやすさを重視した無駄のないシンプルな工法でおしゃれなデザイン性を保ちつつ、ローコストでの建築を実現しています。


ケイアイスター不動産グループとして部材の一括大量仕入れを行うとともに、ITで効率化した営業・施工体制を整えているため、その価格に驚かれる方は少なくありません。

そんなIKIでは、群馬県、埼玉県、千葉県などの北関東を中心に平屋の展示場を展開しています。そして、今後は全国エリアへ展示場を増やしていく予定です。

例に挙げている画像の平屋の外観は、すべてIKIの展示場ですので、ご見学いただけます。少しでもご興味がある方は、来場予約の上、ぜひ展示場にご訪問ください。

ひら家専門店IKIの展示場一覧はこちら
来場予約はこちら
資料請求はこちら

ページトップへ 来場予約はこちら