SCROLL
アプリでひら家
災害に強い家ひら家IKI
#平屋コラム
更新

停電時でも電気が使える住宅設備とは?! 災害に強い家づくりならひら家IKI

<目次>


災害に強い家をつくることの大切さ


年々増えつつある、異常気象による災害・・・
自分や家族を守るために、災害対策はできていますか?
食料や衣類の準備はできているから大丈夫!…本当にそれだけで大丈夫でしょうか?

災害の発生時に自分や家族の命を守ることができても、長引く復旧で最低限の生活維持ができなかったら・・・??
災害時でも身を守ってくれて、最低限の生活維持ができる設備の整った「災害に強い家」に住むこと…それは、日々の安心感、そして家族全員の安心感につながります。

災害に強い家づくりに平屋はおすすめ


住宅を建てるとき、できるだけ災害に強い家を建てたいと思いますよね。
その選択肢の1つとして、平屋を検討してみるのはいかがでしょうか?

平屋は、地震の時でも、2階以上ある建物よりも高さが低く、安定感があるため、揺れにくく、安心感があります。また、地震、火事、水害などで外にでなければならない時には、1階からすぐに避難できるというメリットがあります。(参考記事:平屋の災害に対する意外な強みとは?

でも、平屋は価格が高いのでは?広い土地が必要なのでは?
そんなイメージがあるのではないでしょうか。
ですが、平屋専門店のひら家IKIなら17坪(1LDK)649万から建てられる平屋をご用意しています。


しかも、ひら家IKIの場合、屋根は「切妻屋根」になっています。
「切妻屋根」は表側と裏側の壁の面積がほぼ同じため、台風の時に正面から受ける風の力と、裏側に回り込む風を受ける力のバランスが良く、建物に無理な力がかかりにくい設計になっており、災害に強い屋根のつくりとなっています。

ひら家IKI来場予約フォーム

ひら家IKI資料請求


災害時の停電件数・復旧時間は近年増加傾向に・・・


最近では、電力不足、値上げ、停電など、電力関連のニュースが増えてきていますが、災害時の停電件数、復旧時間が近年増えていることをご存知でしょうか?
2019年9月の台風15号では関東地方で約934,900戸が停電、同じく2019年10月の台風19号では全国で約521,540戸が停電しています(出典:内閣府防災情報のページ
停電からの復旧時間は最短で1日程度ですが、大きな災害では復旧までに10日以上に及ぶケースもあります。

災害に強い家をつくるために、停電に強い家づくりをしよう

災害による心配事のひとつは「停電によって電気が使えなくなる」 こと。
例えば、もしも停電で電気が使えなくなってしまったら、スマートフォン、照明、冷蔵庫などが使えなくなってしまいます。

そうなったら、大事な人への連絡手段がない、情報収集ができない、家の中は暗く、寒さや暑さ対策ができない、食料の保存場所がない、といった状況に・・・。

スマートフォンを始めとする家電製品の進歩、日常生活への普及により、非常時の電源確保の重要性は増しています。

停電対策ができる住宅設備とは?ひら家IKIなら設置可能!


ひら家IKIでは、停電対策ができる住宅設備オプションを取り揃えており、その1つとして、スマートエルライン™ライトをご用意しています。

スマートエルライン™ライトの特徴としては、

(※スマートエルライン™ライトに、15A以上の出力機器は接続できません。)

災害時に停電となっても電気が使えるため、冷暖房や冷蔵庫などが使用でき、真夏でも食料面で安心です。照明器具も使えるため、真っ暗の中で怖い思いをせずに済みます。電気があれば、スマートフォンやテレビなどで情報収集ができるため、災害時の不安を軽減させられて、安心感につながります。
※停電中、宅内の全ての照明や機器に電力を供給できるわけではありません。停電中の電力供給には制限があります。)

スマートエルライン™ライトと太陽光発電で災害に強いサスティナブル住宅を実現!


太陽光パネルを設置して、スマートエルライン™ライトで給電できるようにしておけば、太陽光でエネルギー発電をして電気を利用することが可能となります。災害に強いサスティナブル住宅を実現することができます。更に蓄電池やV2H、HV車など、どれか電気を蓄えられるものを用意すると、電気を貯めておくことができ、晴天でない時にも利用可能となります。

ひら家IKI住宅なら、太陽光発電の初期費用0円!!蓄電池やV2Hもあり!


ひら家IKI住宅に太陽光発電IKIのいきいきでんきを設置する場合、初期費用0円で設置できます。しかも、万が一故障した場合のメンテナンス費用は不要です。(※ただし、お客様の責めに帰すべき事由による破損や故障等の場合はこの限りではありません。
ひら家IKI住宅なら、蓄電池V2Hも取り揃えています。太陽光発電から、蓄電池やV2Hへ給電しておくことが可能となります。

また、これらは、停電時以外のメリットとして、電気代節約にも繋がります。

ひら家IKI来場予約フォーム


ひら家IKI資料請求

今ならひら家IKIでは、災害に強い家づくり応援企画として、キャンペーン開催中です。(2023年3月31日まで)


「スマートエルライン™」は日東電工株式会社の登録商標です。